FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再び 国鉄 発条転轍機 修復日記」その一

前回の「転轍機標識」、「ポイント転換機」に続いて、またまた鉄道物の修復をしてみます。

こちら

DSCF4890.jpg

「発条転轍機」

実は以前、同じ物を扱っております。

これ

DSCF3513.jpg

画像を比べてみると分かると思いますが、今回状態が悪く、欠品も多数・・・。

台座、シャフトのみで、操作レバーがありません。

DSCF4895.jpg

標識板は、曲がってしまったようで修正痕、琺瑯の剥がれあり。

DSCF4893.jpg

そして、この「標識灯」・・・。

DSCF4892.jpg

先にお知らせしておきますが、前回の「発条転轍機」の作業とほとんど同じ作業となりますのでご了承ください。

まず分解から。

DSCF4896.jpg

DSCF4897.jpg

「標識板」取り外し。

DSCF4898.jpg

曲がった部分のサビといい、全体サビ汚れでコーティングされています。

DSCF4905.jpg

DSCF4902.jpg

無駄な抵抗と思いますが、金属たわし「ボンスター」で擦ってみます。

DSCF4901.jpg

さすが「ボンスター」、意外ときれいになります。

DSCF4903.jpg

洗浄後、サビ止め、艶出しとしてワックスを塗布。


DSCF4906.jpg

DSCF4952.jpg

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。