FC2ブログ

「昭和レトロ 立体カラービジョン 10円機 修復日記」その一

面白い物を見つけてきました。

これ、正式名は何というのでしょうか?

10円硬貨を入れ、箱を覗くと3Dカラー映像が見える機械です。

DSCF4484.jpg

DSCF4486.jpg

DSCF4485.jpg

持ち主の話では、映像は見れないそうで、料金箱の鍵も欠品してるそうです。

なんとなく仕組みは想像が付くのですが、どんな状態か内部を見てみます。

天板のカバーを外します。

DSCF4496.jpg

単純に電球の光でフィルムを照らす構造ですね。

DSCF4497.jpg

「映像が見れない」理由の一つが分かりました。

フィルムがありません。

電球の前にある装置、なんだか見憶えがあります。

DSCF4500.jpg

これです。

DSCF4493.jpg

倉庫の奥から探してきました。

「ビューマスター」という立体映像が見れるものです。

まったく同じ物ですね。

DSCF4508.jpg

この「ビューマスター」のリール、今でも新品が販売されており、古い物でも結構簡単に入手可能です。

配線類の不具合は無いようなので電源を入れてみます。

10円を投入・・・、電球が点灯し、なんとオルゴールが鳴りだしました。

DSCF4492.jpg

どうやら、10円を入れると電源スイッチが入り、電球とオルゴールに通電、同時に1分間のタイマーが作動する構造のようです。

残念ながら、私が持っていた「ビューマスター」のフィルム(リール)は、傷んでおり使用できませんでした。

これ、リールがあれば使用できそうですね・・・。


つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: この機械についてご質問です。

こんにちは、ブログを見て頂きありがとうございます。
「立体カラービジョン」ですが、紹介してすぐに売れてしまいました。
ごめんなさい。

新たな修復予定品が舞い込んで来ました。
近日中にブログ更新する予定です。
よろしければ、ご覧ください。
プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR