FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉄道 転轍機標識 修復日記」その一

またまた鉄道物を入手してきました。

「転轍機標識」

DSCF4325.jpg

前回の「発条転轍機」と似たような物です。

かなりの重量物のため、屋外に放置されていた物を譲って頂きました。

錆ヨゴレありますが、標識板の状態は良好。

DSCF4327.jpg

フレームも錆ていますが、所々塗装が残っています。

DSCF4326.jpg

DSCF4329.jpg

問題は「標識灯」・・・。

DSCF4328.jpg

元々、薄い鉄板なので定期的に補修をしないとこんな状態になります。

DSCF4335.jpg

崩壊寸前で向こう側が見えますね・・・。

とりあえず、今回も塗装してきれいにしてみます。

まずは、「標識板」の取り外し。

ボルト、ナットに、潤滑剤をスプレーし暫く放置。

DSCF4331.jpg

錆ていますが、割と簡単に外れました。

DSCF4336.jpg

DSCF4337.jpg

次は、シャフトを固定しているボルトの取り外し。

DSCF4339.jpg

本来、シャフト部分が回転するのですが、錆で完全に固着しています。

先に下部分の太いボルトとナットの取り外し。

DSCF4342.jpg

取り外すのにかなり苦労・・・。

「リング」部分を外すと、シャフトが抜けるはずなのですが微動だにしません。

DSCF4344_201308060213547af.jpg

こうなれば最終手段・・・。

この「大ハンマー」で力任せに叩き出します。

DSCF4347_20130806021354b11.jpg

どうにか外れました。

DSCF4393_20130806021353923.jpg

鉄なので、叩いた部分が変形してしまいましたが、後でディスクグラインダーで成形します。

DSCF4394_20130806021353b12.jpg

すべて分解。

DSCF4345_20130806021352221.jpg

DSCF4346.jpg

次は、錆落としです。


つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。