FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダイヤル式電話機「601-A2W」 修復日記」その一

先日、レトロな「ダイヤル式電話機」を知人から預かりました。

「使用できるか見てほしい」との事ですが、当方もこのような電話機については全く知識がございませんが、いろいろ検証してみます。

DSCF4364.jpg

DSCF4365.jpg

DSCF4366.jpg

神田通信工業製 型式「601-A2W」

受話器をのせるフック部分の形状から「壁掛け式」のようで、現存数が少ないレア物らしいです。

裏面のラベルに「85」の表示があり、製造年は1985年と思われます。

DSCF4371.jpg

全体を調べてみたところ、電話線を繋ぐ部分がどこにもありません。

ダイヤル部分のカバーが外せそうなので、取り外してみます。

DSCF4367.jpg

接続部のネジ2本がありました。

DSCF4369.jpg

現在一般的な「モジュラージャック」式では無く、黒電話機と同じ「ローゼット」式です。

「倉庫」を探して見ると古い公衆電話機に繋がっていた「ローゼット」式を「モジュラージャック」式にするアダプタがありました。

「601-A2W」に接続し、自宅の電話線モジュラーケーブルをアダプタに差し込んでみます。

DSCF4370.jpg

DSCF4362.jpg

携帯電話から自宅の電話に発信。

「601-A2W」から呼び出し音が鳴り、通話もできました。

しかし問題が一つ、「601-A2W」からの発信がまったくできません。

ネットで調べてみたところ、以下の事が判明。

アナログ回線は、ダイヤル回線 (パルス式)、プッシュ回線 (トーン式)の2種類が存在するようです。

「601-A2W」は、ダイヤル回線 (パルス式)でないと発信はできないそうです。

なんだか“ややこしく”なってきました・・・。

電話回線の種類を確認する方法があり、

「ピッポッパッ!」と聞こえる場合はトーン回線

「カチカチッカチカチッ!」と聞こえる場合はパルス回線

だそうです。

自宅の電話機で試したところ、「ピッポッパッ!」とは鳴りませんので、多分「パルス回線」・・・?

パルス回線なら、「601-A2W」から発信も出来ると思うのですが・・・。

内部を見ても、特に設定するようなところも無し・・・。

DSCF4363.jpg

さらにネットで調べてみましたが・・・分かりません・・・お手上げです。

私の家の電話回線に「601-A2W」を繋ぐと、着信、通話はできるが、発信はできない

何だか、「トリビアの泉」風みたいな答えになりましたが、詳しい方おられましたら教えてください。

使い込まれて汚れていたので、分解ついでにクリーニングしてみました。


DSCF4372_20130803233657fcf.jpg

ピカピカ☆

おわり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。