FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続編「国鉄 発条転轍機 修復日記」その五

倉庫から電球、古い電球のソケット、木製の台、電源ケーブルを調達

DSCF3477.jpg

木製の台は「標識灯」内部に収まりそうです。

電球のソケットが嵌まるように、自由錐(じゆうきり)という工具で穴を空けます。

DSCF3478.jpg

DSCF3481.jpg

空きました

DSCF3482.jpg

電源ケーブルをソケットに接続。

DSCF3483.jpg

台の一部に切り欠きを作り電源ケーブルを通します。

DSCF3485.jpg

内部に収納して出来上がり

DSCF3501.jpg

「発条転轍機」の上部に取り付けてみます。

DSCF3497.jpg

電源ON

DSCF3513.jpg

100Wの白熱球なのですが、日中は点灯しているかほとんどわかりません。

改めて夕暮れに撮影・・・

DSCF3478_20130619215918.jpg

DSCF3482_20130619215919.jpg

DSCF3481_20130619215918.jpg

淡い光が何とも言えませんね。

哀愁」が似合う素晴らしいインテリアができました。


終わり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。