FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続編「国鉄 発条転轍機 修復日記」その四

ガラスレンズ」を洗浄、きれいに磨きます。

DSCF3489.jpg

DSCF3490.jpg

曲がり、凹みの修正後、サビ止めと塗料の密着を良くするため「プラサフ」を下地に塗り、乾いてから黒色で塗装。

DSCF3492.jpg

DSCF3493.jpg

DSCF3491.jpg

DSCF3498.jpg

内部、ひさしの内側は、元の通り銀色に塗装。

DSCF3499.jpg

塗装完了後、組立。

DSCF3520.jpg

組立完了

しかし、これで「完成」ではありません!

現役当時この「標識灯」夜間は光っていたはずです。

「標識灯」内部には、照明装置があったはずですが、何も入っていませんでした。

・・・これは、作成するしかありませんね。

つづく

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。