FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブル型筺体「IPMインベーダー」修復日記 その五

インベーダー都市伝説

「トラックからインベーダー筺体や硬貨を上げ下げすることから重迫病を患う者が続出したため、タイトーが三菱ふそうに相談してトラックの後部に装着するリフト(パワーゲート)を日本で最初に発明したらしい」


信じるか信じないかはあなた次第です・・・。



私だけかもしれませんが、あまりに興奮すると、大事な事を忘れてしまうようです。


DSCF2221.jpg


もう、「これでもか!」ってくらい「インベーダーゲーム」を楽しんでしまいました。

たいへん貴重で贅沢な時間でございました。

しかしです、「一人インベーダーゲーム大会」終盤に、ふと何かを感じてしまったのです。

子供の頃、リアルタイムでプレイしていた「インベーダーゲーム」と何か違和感があるのです。

あれから私も、かなり歳をとってしまいました。

あの頃の感動は、「歳をとると薄れてしまうのかと・・・・」。

歳をとるのは怖いものだと・・・」。


いやいや、そんな事ではないのです。

音声が出ていないのです!!!

あまりの興奮状態で、音が出ていないのを気づかずにしばらくプレイしていました。

天板の裏に、ゲーム基盤の「ボリュームつまみ」の位置が表記されており、つまみの操作で音量を大きくしてみましたが、まったく反応がなく無音状態。

DSCF2198.jpg

本体から基板を外し、クリーニング、ボリュームつまみ、コネクター接続部に接点復活剤を塗布してもダメ。

DSCF2197.jpg

これは・・・、まずいです。

と、言うのは、私は電気的な修理の知識、技術はまったくありませんので、もし基板の不具合などであれば手が出せません。

さぁ、どうしましょう?


つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。