FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブル型筺体「IPMインベーダー」修復日記 その三

インベーダー都市伝説

「販売当初の筺体価格は1台10万円だったものが最盛期には数百万円に跳ね上がっても売れていったという」

信じるか信じないかはあなた次第です・・・。



前回のつづき

DSCF2173.jpg

完全に乾いています。

見た目、思ったほどきれいになっていませんが、さぁ、再チャレンジです!

電源「ON!」。

・・・・・・・・・・・・・し~ん

だめみたい・・・ですね。




ん!!


何か、テレビを点けた時特有の「超音波のような音」がブラウン管から微かに聞こえます。

通電後10秒くらい経ったでしょうか?

ブラウン管がぼんやり光ってきました。

DSCF2205.jpg

次第に赤っぽい画面がはっきりと現れ・・・。

DSCF2203.jpg

なんと、ブラウン管が息を吹き返したようです!!


多分、基板部の汚れ、腐食で通電不良を起こしていたのでしょう。

さすが「機械用パーツクリーナー」、いい仕事してくれます!

あとは、基板にあるブラウン管調製用のつまみの出番です。

油分が完全に飛んでいるため、「調節つまみ」に「接点復活剤」を塗布。

DSCF2222.jpg

ブラウン管の「調節つまみ」と言っても、8か所くらいあり、これをうまく組み合わせて画像を調整しなければなりません。


DSCF2223.jpg

つまみ調整は、素手では感電の恐れがあるので、柄の部分が絶縁されたドライバーを使います(精密ドライバーのようなオール金属製では、高圧部分に直接触れなくてもビリっときます。)


調整中・・・。

DSCF2206.jpg

少し画面に変化が・・・。

DSCF2208.jpg

おおっ!色が変わってきた!

DSCF2207.jpg

しかし、何度調整してもこんな画面・・・。

でも、一つ分かった事があります。

画面を見て、何か気づきませんか?

と色が付いているのです!

なんと、この「インベーダーゲーム」カラーなのです。


調整を続けて、1時間ほど・・・。
まったく進展がありません。

もしかしたら、ゲーム基板が壊れているのかも・・・


経験上、イライラしながら作業しているとろくなことがありません。

落ち着いて、次の日に。



つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。