FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブル型筺体「IPMインベーダー」修復日記 その一

当時、社会現象にまでなった「インベーダーゲーム」。

都市伝説」のような噂話もたくさんあります。

そこで、「インベーダー都市伝説」を毎回1つご紹介することにします。

インベーダー都市伝説

「当時、日本全国で100円硬貨が不足し、大蔵省が急遽100円硬貨を大量に鋳造したらしい」
*1978年~1979年製造の100円硬貨が多く流通したのは、これが原因。


信じるか信じないかはあなた次第です・・・。



それでは本題に戻ります。

天板を開けるため、側面2カ所ある「八万ロック」を破壊します。


DSCF2168.jpg

ウォリャ~~!
切粉を見ると分かりますが、どうやら真鍮材のようです。
前回の「アルカノイド」の時に比べ、非常に固い!

もう、摩擦熱で煙が出る勢いです。

格闘の末、鍵2カ所解錠。

さあ、開けて見ますか?
開けた時点で終了の可能性もありますので、すごい緊張します。


それでは、3・2・1 オープン・ザ・天板!

DSCF2169.jpg

思っていた割には、そんなに悪くない状態。
完全な水濡れはしていないものの、湿気による金属部の錆がそこそこあります。


DSCF2172.jpg

電源部周り

DSCF2173.jpg

モニター基板部

DSCF2170.jpg

これが、肝心のゲーム基板部です。

エアで、基板部を集中的に埃、ゴミを飛ばし、入念にチェック。

汚れていますが、腐食など大きなダメージは無いようです。


それでは電源を入れてみます。

プラグをコンセントに差し込み・・・。


DSCF2195.jpg

底面にある「メインスイッチ」を、ON!・・・。

さぁ、どうだ!!

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。