FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アラジン石油ストーブ ブルーフレーム 修復日記」その八

「上面板」「取っ手」を取り付けて完成です。

IMGP1276.jpg

整備前

IMGP1216.jpg

IMGP1215_20150311191138c60.jpg

IMGP1220.jpg

整備後

IMGP1277.jpg

IMGP1278.jpg

IMGP1280.jpg

ここまできれいになると気持ちがいいですね。

それでは、早速あの「青い炎」を楽しんでみましょう。

その前に、新鮮な灯油をタンクに入れ、30分ほど芯に染み込むまで待ちます。

「アラジン ブルーフレーム」の点火ですが、少しコツがあります。

芯を最大に上げて点火すると、芯全周に炎が回らない、異常燃焼を起こしたりなどします。

IMGP1295.jpg

点火時の芯の位置は「内炎板」の穴の上から4~5段くらいが正しい位置です(芯が少し見える程度)。

IMGP1296.jpg

点火。

IMGP1285.jpg

きれいな炎になりました。

たいへん暖かく、燃料切れさえ気をつければ、末永く使用できます。

おわり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。