FC2ブログ

「アラジン石油ストーブ ブルーフレーム 修復日記」その五

塗装面は、艶出しを兼ねてコンパウンドで研磨。

IMGP1251.jpg

仕上げにワックスを塗ります。

IMGP1252.jpg

IMGP1253.jpg

次は組み立てです。

「外筒」各部取付け。

IMGP1257.jpg

IMGP1258.jpg

「外枠」取り付け。

IMGP1261.jpg

芯調節つまみ取付け。

IMGP1264.jpg

底部分の「整流板」取り付け。

IMGP1262.jpg

前から気になっていたストーブ側面に付いている「四角い箱」・・・。

IMGP1217.jpg

これ「耐震消火装置」なのです。

「ブルーフレーム シリーズ37」の「耐震消火装置」には特徴があり、耐震装置が働くと空気タンクからパイプを通して空気を吹き付けて消火する仕組みになっているのです。

IMGP1259.jpg

IMGP1226.jpg

ふと思い出したのですが、子供の頃、火遊びをしていて、火が少し大きくなり慌てて口で吹き消そうとしたところ、火の勢いが大きくなった事があります。

燃焼中の炎に、新鮮な空気を吹き込んで大丈夫なものなのでしょうか?

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR