FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アラジン石油ストーブ ブルーフレーム 修復日記」その四

タンク内には灯油が残っているため抜き取ります。

何年物でしょうか・・・、普段見る灯油の色ではございません。

IMGP1236_201503081957090db.jpg

しかも臭いも酷い!

次は、きれいに洗浄します。

その前に、タンク内に残った劣化灯油は給油口から新聞紙を細く丸めた物を入れ、染みこませて完全に排出します。

IMGP1239.jpg

いつもの「ボンスター」

IMGP1240.jpg

塗装面は、傷が付くため、柔らかいスポンジで汚れを落とします。

IMGP1241.jpg

きれいな真鍮色になりました。

IMGP1245.jpg

IMGP1243.jpg

裏側もきれいにします。

IMGP1244.jpg

「上面板」。

IMGP1246.jpg

クリーニング完了。

IMGP1247.jpg

サビ、小傷はあるものの、40年以上経過している割には傷みも少なくきれいな状態です。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 37

こんにちは、ブログをご覧頂きありがとうございます。

内炎板は、通常は抜くだけで取れます。

多分、タールなどで固着しているようです。

一度燃焼させ、内炎板に熱をかけて、冷める前に引き抜くと外れやすくなります(やけどに注意)。

あとは、パーツクリーナー、キャブクリーナーなどでタールを溶かすと外れます。

試してみてください。
プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。