FC2ブログ

「嗚呼、“侵略者” 感動を再び・・・」の巻

当時、社会現象を巻き起こした伝説のゲーム機を入手しました。

何だと思います?

はい、テーブル型筺体「IPMインベーダー」です。

DSCF2157.jpg

「インベーダーゲーム」と言えば、1978年(昭和53年)に株式会社タイトーが発売したアーケードゲーム「スペースインベーダー」が元祖ですが、当時いろいろと亜種も出ていました。

この筺体は、「IPM」というメーカーでして、何と後の「アイレム」なのです。

当時、タイトーとライセンス契約をしてリリースされた機種で、本家の「スペースインベーダー」よりも動きが滑らかで難易度も高いそうです。

それでは、早速外観から見てみましょう。

DSCF2162.jpg

1979年製、かれこれ30年以上経っており、金属部分は錆だらけ、キャビネットの木目化粧板も剥がれてぼろぼろです。

DSCF2171.jpg

ねじもサビサビ。

DSCF2158.jpg

天板も水が混入したようで、インストカードもよれよれ・・・。

ガラス板は、傷があるものの割れてはいないのは奇跡ですね。

先日の「アルカノイド」でも記載しましたが、内部を確認せず通電するのは非常に危険です。

内部の確認です。
と言いたいところですが、当たり前のようにキーがありません。

いつもの事ですので、このくらいの事ではまったく慌てませんよ。

例のヤツを呼びますか?

おーい!!

DSCF2098.jpg

もう説明はいらないですね。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR