FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アラジン石油ストーブ ブルーフレーム 修復日記」その三

どんどん分解していきます。

IMGP1233.jpg

取り外したビス、ボルト類は紛失防止のため、マグネット付の皿に入れておくと安心です。

IMGP1232.jpg

煤、タールがこびり付いた真鍮製の「しん外筒」「内炎板」。

IMGP1234.jpg

IMGP1235.jpg

芯が見えてきました。

ここで、問題発生!

芯が固着しているようで、まったく動きません。

灯油が劣化してガム状になり貼り付いているようです。

こんな時は、これ。

IMGP1294.jpg

パーツクリーナー

「しん外筒」と「芯」の隙間にたっぷりスプレーし、しばらく放置します。

少しずつ動かし、どうにか外れました。

IMGP1237.jpg

格闘の痕がすごいでしょ。

手袋では力が入らないため、素手で灯油まみれ・・・。

もう手はガサガサ・・・。

分解完了。


IMGP1238.jpg

次は、きれいに洗浄します。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スマイル.inc

Author:スマイル.inc
「ジャンク屋修理日記」へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。